(運営の方針)

1 事業の実施に当たっては、利用者の意思及び人格を尊重して、常に要介護者(要支援者)の立場に立ったサービスの提供に努めるものとする。

 

2 指定訪問看護事業所の従業者は、要介護者(要支援者)の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ可能な限りその自宅において自立した日常生活を営むことができるよう医師の指示書に基づき訪問看護計画を作成し、計画に沿った、医療行為を含む看護を行う。